LINK
カードローンなどの支払方式というものは、カード会社の経営方針如何で随分差異というものがあって様々な手法が導入されてます。基本的には残高スライド法やリボ払法などが導入されているようです。かかる誰もが知ってるリボルディングでも実は算定法に多様な形式があるのです。それ故その手法により支払合計金額が変わってきてしまうわけですので、把握しておいて損はないと思います。じゃあ易しくこの2つのやり方のずれに関してを説明しましょう。はじめは元金均等払いというもので、もう一つは元利均等払いというものです。両者はその名のとおり元本について均等にして支払っていくというものと、元金と利子に関してあわせて均分に返済していこうという形式です。この場では10万円借り入れたと設定して、実際上どんな算出をしていくのか試してみましょう。金利に関してはいずれも15%というふうに試算します。それからリボ払などの返済を1万円というふうに計算します。まず元金均等払いのほうからいきましょう。こうした折の最初の引き落しは1万円に利率分の1250円を合計した支払になります。次回の支払は1万円に対して利率分の1125円を加えた引き落とし金額へとなるのです。こうして全部で10回で支払をし終えるという方式になります。他方元利均等払いというのは最初の引き落しは1万円ですが元金へ8750円、金利に1250円という具合で割り振りをします。次回の支払は元金が8750円に減った状態にて金利を計算し、1万円から再び割り振ります。詰まるところ元利均等払いの場合は10回で支払が完了しないといった算出になってしまいます。こればかりの相違で二者がどのくらい異なっているのかがたっぷり理解してもらえたことかと思います。元利均等は元金均等に比肩し明白に元が減っていくのが遅いという難というものが存在したりします。則ち利率というものを多く支払うというような状況になるわけです。一方では1度目の引き落しが小さな金額で済むと言う利点というものもあります。かかる支払方式などのギャップに呼応して引き落し額というのが相異なってくるのであなたの好みに応じた方針を取るようにしてみてください。