LINK

間接的カードのやり方は容易です。

クレジットカードを利用してダイレクトに買えない販売品を直接買い込むという方法ではなく、遠まわしに使って買い付けしたら得策です。

文章が簡明なためまずはじめにギフトカードの例を使って述べてみたいと思います。

モデルになる人物が有名な銘柄のカバンを手に入れたいとそれを見て立ち止まっています。

使いたいバックを売っている所では購入したくてもカードで買う事が許されていません。

しかしVISA、American Express、Diners clubなどのギフト券を使用すれば許可してくれるようなのです。

ですのでとある個人はカードでギフトカードを取り寄せしてしまってギフト券のを売っている場所に出かけクレジットカードを活用してVISA、American Express、Diners clubなどの券を発注してみました。

次に使用したクレジットを活用して買い付けたJCB、American Express、Diners clubなどの券を販売店に持参していき、買いたかった高価なバックを注文したとしましょう。

「なぜギフトカードで購入した人はそうした手間がかかる事をする必要があるの?」と疑問に思うのかもしれませんが、実際今話した方法を運用すると一般ではつく事がないクレジットカードポイントがつきます。

通常通り、現金を払って有名な銘柄の服を買い取りしたりした場合でもカードポイントはゲットできませんしJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券をお金で注文してから利用してもポイントはもらえません。

ところが上記で述べた例の時はVISA、American Express、Diners clubなどの商品券をクレジットカードで買ったという理由で、一流のコートを買い取りした時とつりあう量だけカードポイントが貯まるのです。

こういう例が直接的でなくカードを駆使した状態になっているため遠まわしに使うカードと銘打たれている進め方です。