LINK

現実にパソコンの前に座り、変動している相場を眺めていると売り買いをしなくてはいられない衝動が生まれる状況も少なくありません。

だけど、なんとなく直感で売買することだけは、間違ってもしてはいけません事実、市場は1日中どこかの国でマーケットは変動しているし、為替相場もどういう時でも、動いています。

しかし、何度も取引を繰り返していると、それだけでマイナスになる率が高くなります。

当然、売買の回数を積み重ねる事で稼げる可能性が半々に近づくのは事実です。

けれどもそれは「明確でない直感でエントリー」することとは別の話です。

エントリー回数を増やすという意味は、「ここはいける」と考え付いた時機を持ったところでの取引回数を重ねるという事を言っています。

理由がなく、ひっきりなしに売り買いを積み重ねるのとは大きく違う。

為替相場の勝負に負けないためには、あなたが意識的にメリハリをつけることが大事です。

「ここは勝てる」と感じた市場の時には、覚悟を決めてポジションを積み増して集中して儲けを求めます。

「頭をかかえる相場で、どうなるかわからないな」と思い至った時は思い切って売買ポジションを全部閉じて何もしない。

これぐらいのけじめがあったほうが、最後にはエントリーは勝利します。

外国為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まさにその通りです。

為替取引とは、休みなく売買ポジションを持つことが肝心な事ではなく売買ポジションを所持せずじっとしていることも場合によっては相場なのである。

じゃあ、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

ひとつは、前に述べたように、最近の外国為替市場が明確に見通しがきかない時です今から上がるのか下がるのかわからないような時は、考え無しで行動すると、自身の思い描いたシナリオとは反対の方向に外国為替相場が変化してしまい損してしまいます。

こんな場合はポジションを減らしてそのまま何もしないで静観を決め込むのが最善の策です。

第2に、己の体の調子がよくない時です。

体の調子とマーケットにつながりがない感じる人もいるだろうが。

実は大きく関係あります。

コンディションが変な時は外国為替市場の大少な局面で正しい決定ができなくなります。

興味がわかない時は、相場から遠ざかる事も肝心な事です。